作業療法学科

  1. HOME > 
  2. 学科紹介 > 
  3. 作業療法学科 > 
  4. 学びの特徴

身体や精神に障がいのある方へ、各人に応じた作業活動を通じ、機能回復と社会復帰を援助します。

作業療法士とは?

作業療法士とは、病気やけがなどによって心身に障がいのある方が、諸機能の回復・維持を図るために、日常的な動作や趣味活動を通じての治療・指導・援助を行っていく仕事です。

作業療法学科の学び

作業療法の実践を学ぶ中で、単に患者様の心身機能の回復のみならず、
社会復帰に必要な自立援助や、利用者様の意志を引き出す方法を学びます。

作業療法士は、身体的・精神的に障がいがある方を対象に、日常生活や社会への適応能力の回復・維持を図るリハビリの専門職です。具体的には、各患者様の普段の生活に密着した日常的な活動や、レクリエーションなどの趣味活動を通じたリハビリで、身体的・精神的機能を高めていきます。また患者様の気持ちを理解する心の豊かさも、地域リハビリの現場を通じて学んでいきます。

ステップ
アールならではの学びPoint1
実習重視のカリキュラム構成と
地元医療機関への就職実績が特徴。

4年間で1,000時間を超える臨床実習を通して、豊かな人間性と感性を磨くことを大切にしています。経験豊富な講師陣と地元医療機関との長年における太いパイプが安定した就職実績につながっています。

アールならではの学びPoint2
臨床に蜜着した学習の一環として、
福祉機器コンテストに参加。

2年次より、福祉用具や自助具作成の授業があり、実習内で聞いた患者様のニーズに合わせた福祉用具を作成し、「福祉機器コンテスト」に応募。毎年現場のニーズにうまく応えた技術で、優秀賞などを受賞しています。

アールならではの学びPoint3
リアルな現場で、地域リハビリを
学ぶことで高い人間性を育てます。

卒業後に即戦力として、幅広い分野での活躍を目指す当学科では、在学中から地域ボランティアや施設訪問をする中で、リハビリに必要な技術と心を学ぶチャンスが多数あり、常に現場のニーズを知る機会が用意されています。

取得可能な免許・資格

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 文部科学大臣認定称号 高度専門士
  • 大学院入学資格
  • 福祉住環境コーディネーター

就職率(2014年度実績)

主な就職先

会田記念リハビリテーション病院/石岡市医師会病院/いちはら病院/茨城西南医療センター病院/茨城北西総合リハビリテーションセンター/牛久愛和病院/神立病院/協和中央病院/栗田病院/湖南病院/総和中央病院/多賀総合病院/千葉病院/つくば双愛病院/筑波病院/筑波学園病院/筑波大学附属病院/筑波メディカルセンター病院/土浦厚生病院/永井ひたちの森病院/中川の郷療育センター/行方市包括支援センター/なめがた地域総合病院/常陸大宮済生会病院/日立総合病院/豊後荘病院/北水会記念病院/水戸済生会総合病院/宮本病院/龍ケ崎済生会病院ほか(順不同)

TOPICS

地域のコミュニティにおいて、
主体性を発揮しながら、リハビリの技術と心を養う場があります。


当学科では、在学中から地域のコミュニティに参加する中で、リハビリに必要な技術や精神を学ぶ機会があります。

行方市から委託された介護予防事業では、学生自らが高齢者の老化予防体操などを企画・実施したり、利用者様に付き添い浅草までの旅行を支援するなど、「地域作業療法学」という授業の一環として、リハビリを実践しています。

また、近年国内でも注目の高い「かすみがうらマラソン」では、理学・作業療法学科の2・3年生が救護ボランティアスタッフとして参加し、5kmごとにある標示ポイントにて給水・食料配布を行うほか、AEDを扱う救急救命スタッフやサポートランナーとして活躍しています。

リハビリテーション教育評価機構の
認定校となりました。

当校理学療法学科及び作業療法学科が中立的な 第三者機関である一般社団法人リハビリテーション教育評価機構より、リハビリ教育に必要な施設基準及びカリキュラム提供を実施できるとして認定されました。
また作業療法学科は、世界作業療法士連盟 (WFOT)の認定校として、質の高い教育により、海外でも活躍できる人材を育成しています。

スマホ向け表示